聖マリー・ド・レンカルナシオン

 
 
聖マリー・ド・レンカルナシオン  (1599年〜1672年)
聖マリー・ド・レンカルナシオン  (1599年〜1672年)

 

 

☆ 2014年4月3日にフランシスコ教皇さまより列聖されました。 ☆

 
 

フランスのトゥールで誕生したマリーは信仰深い両親のもとで健やかに成長しました。

生涯を神に捧げることを望んでいましたが、両親の勧めで17歳の時に絹織物業者の

クロード・マルテンと結婚し、一人の男の子をもうけました。しかし出産から6ヶ月後に

夫が死亡し、息子クロードが12歳になった時、マリーはかねてから望んでいたトゥールの

聖ウルスラ修道会に入会しました。

1639年、フランスの植民地として、開拓が始まったばかりのカナダへ宣教に赴き、

そこで子供たちの教育に献身しました。彼女の聖徳は多く現地人を信仰へ導きました。

1672年4月30日その生涯を閉じ、1980年6月22日ヨハネ・パウロⅡ世によって福者の

列に加えられました。彼女はカナダ建国の母として今も尊敬されています。

 

 

MInc-Tours-0003
ロワール河

 
 
夫クロードをなくした後マリーは運送業を営んでいる義兄の仕事を手伝うためこのロアール河のほとりで港湾労働者や5ー60頭の馬を相手にたくましく働いていました

 

 
 

かつての聖ウルスラ修道院
かつての聖ウルスラ修道院

 
 

ナポレオン時代に没収され、現在は国立の音楽専門学校として使われています

 

 
 

サン・ミッシェル教会
サン・ミッシェル教会

 
 

ウルスラ会発祥の地トゥールの修道院の聖堂、マリーが初誓願を宣立した聖堂

 

 
 

昔のトゥールの修道院
メール・マリーが初誓願を宣立した修道院

 
 

マリーが入会した時からカナダ宣教に出発するまで修道生活をした修道院

 

 
 

メール・マリーが祈った場所
エルミタージュ(隠遁所)   セン・ジョゼフ

 
 

マリーが識別のために祈り、カナダへの宣教を決意した場所

 

 
 

1639年ケベック上陸  

 

 
 
フランスのトゥールの修道院を1639年2月22日に出発し、オルレアン、パリ、ディエプ、そして3か月に及ぶ難しい航海を経て8月1日にケベック到着
 
 

 

 
 

最初の聖ウルスラ修道院
ケベックの最初の聖ウルスラ修道院

 
 

1642年修道院の建築落成。フランス人移民の子供たちや現地人のために教育を始める

 

 
 

バチカン・聖ペトロ大聖堂での列福式ミサ
バチカン・聖ペトロ大聖堂での列福式ミサ

 
 

1980年に教皇ヨハネ・パウロⅡ世によりマリー・ド・レンカルナシオンが福者として列福される

聖マリー・ド・レンカルナシオンと子どもたち(カナダ本部玄関前)
聖マリー・ド・レンカルナシオンと子どもたち(カナダ本部玄関前)

☆ 2014年4月3日 教皇フランシスコによりマリー・ド・レンカルナシオンが聖人として列聖される☆