トピックス

ひと口1円でお腹の赤ちゃんを救おう!

<円ブリオ基金>

                  

生命尊重ボランディア応援団長:鈴木健二 

元NHKアナウンサー

理事長:遠藤順子(作家)

円ブリオ基金で支援した赤ちゃん:226人

(平成23年2月現在)

私が始めた円ブリオ活動とは?円ブリオ基金は 「いのちの始まり―胎児」 を守るための基金制度です。おなかの赤ちゃんを守る優しさと勇気のある社会づくりへの願いを、「貨幣の赤ちゃん―1円玉」 に込めて、平成5年9月20日に設立されました。「円ブリオ」とは、妊娠8週までの胎児を英語でエンブリオ(embryo)と呼ぶことから名付けられました。この趣旨に賛同して下さる方々からの寄付を原資として、生みたくても生めないお母さんへの出産支援を行っています。

私が仙台に行きました折にこの活動のことを聞き、下田に帰り早速開始しました。まず募金箱を作り、各お店、医院、ホテルなど、地域の人たちに協力をお願いし、今日に至りました。開始以来今日まで(平成21年6月〜23年1月まで)NPO円ブリオ基金センターに計7回総額 83,983 円 を送金することができました。命ある母子のために少しでもお役に立てればと念願しております。

命を大切にしている下田の人たちに感謝!

下田修道院  S.オディール・ガードナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です