未分類

主の降誕を待つ季節(アドヴェントAdvent)

 
 

medium_20091205123835534359

 
 
 

待降節はイエスさまがお生まれになる

クリスマスの4週前の日曜日から始まります。

イエスさまをお迎えするわたしたちの心の準備期間です。

教会の暦では

この待降節第一主日から新しい年に入ります。

 
 

 
 
sgi01a201312010200

<希望の光>

11月27日に灯された一本目のローソク 待降節第一主日

テーマは「目覚めていなさい。」

 
 

 
 
%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%ef%bc%92

<愛の光>

12月4日に灯された二本目のローソク 待降節第二主日

テーマは「悔い改めなさい。」

 
 

 
 
%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%ef%bc%93

<喜びの光>

12月11日に灯された三本目のローソク 待降節第三主日

テーマは「準備しなさい。」

もうすぐクリスマスが近づいていることを意味します。

 
 

 
 
%ef%bc%94%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af

<平和の光>

12月18日に灯される四本目のローソク 待降節第四主日

テーマは「イエスが共にいる。」

 
 

心に留めたい大切なことは≪希望≫をもつことです。

世界の平和を願い求め、祈りながらご一緒にクリスマスまでの日々を過ごしましょう!

 
 
 
 
medium_20091205123835534359

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です