a_本部修道院, メッセージ, 信仰生活, 召命, 宣教, 聖ウルスラ修道会, 聖マリー・ド・レンカルナシオン

聖マリー・ド・レンカルナシオンのことば(33)

 
 
 
 

 

聖マリー・ド・レンカルナシオンとともに

 
 
 
 
 

(1599年~1672年)

 
 
 
 

 

主わたしの魂を幼年時代から準備して、

神の宮、神のあわれみ深い恩恵を受ける場所とすることを

お望みになりました。

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

七歳ぐらいの時のある夜、夢の中で、

わたしは田舎の学校の中庭で、

ある友だちといっしょに遊んでいました。

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

目を上げて空を見ましたら、

天が開いてイエス・キリスト様が人間の形をして、

そこから現われ、わたしのほうに来られるのを見ました。

「まあ、主だわ。わたしのほうにおいでになるわ。」

と私は叫びました。

 

(聖マリー・ド・レンカルナシオンのことばより)

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です