a_本部修道院, メッセージ, 信仰生活, 召命, 宣教, 教会, 聖ウルスラ修道会, 聖マリー・ド・レンカルナシオン

聖マリー・ド・レンカルナシオンのことば(43)

 
 
 
 

 

聖マリー・ド・レンカルナシオンとともに

 
 
 
 
 

(1599年~1672年)

 
 
 
 

召命というものは、

熱烈な願望や、

ただ感覚的なものにすぎない

不断の興奮状態によっては

正しく判断することが

困難になってしまいます。

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

それよりも、

穏やかで、愛に満ちた信頼と、

心の平和を少しも取り除かない

長い堅忍によってこそ、

ずっと完全に知ることができるのです。

 

(聖マリー・ド・レンカルナシオンのことばより)

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です