a_本部修道院, メッセージ, 信仰生活, 召命, 宣教, 聖ウルスラ修道会, 聖マリー・ド・レンカルナシオン

聖マリー・ド・レンカルナシオンのことば(67)

 
 
 
 

 

聖マリー・ド・レンカルナシオンとともに

 
 
 
 
 

(1599年~1672年)

 
 
 
 

 
 

神さまを目に留めていれば、

神さまに背くようなことは

つつしむはずです。

そして心を燃え立たせる射祷を

行う習慣を持つようになり、

射祷は霊魂のうちに神さまを引き寄せます。

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

こうして地上的なものから

霊的なものとなり、

その結果、

世事の気苦労のただ中にあっても、

小さな楽園について、

そこでは神さまが霊魂と、

霊魂は神さまと親しむのです。

 

(聖マリー・ド・レンカルナシオンのことばより)

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です