a_本部修道院, メッセージ, 信仰生活, 召命, 宣教, 聖ウルスラ修道会, 聖マリー・ド・レンカルナシオン

聖マリー・ド・レンカルナシオンのことば(75)

 
 
 
 

 

聖マリー・ド・レンカルナシオンとともに

 
 
 
 
 

(1599年~1672年)

 
 
 
 

 
 

現在の内的生活はなきに等しく、

それを知らないのです。

けれども、目指していて、

到達することのできない

この高度の清さの結果と

高度の清さに高めようとなさっている

前味を感じてはいるのです。

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

至高の善を所有していると

ほとんど思わせるのは望みでも、熱心でも、

何らかの行為でもありません。

いいえ、あらゆるものが空になってこそ、

神だけが霊魂のうちにいらっしゃり、

神だけが霊魂は名状しがたい無の中にあるのです。

 

(聖マリー・ド・レンカルナシオンのことばより)

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。