a_本部修道院, メッセージ, 信仰生活, 召命, 宣教, 聖ウルスラ修道会, 聖マリー・ド・レンカルナシオン

聖マリー・ド・レンカルナシオンのことば(76)

 
 
 
 

 

聖マリー・ド・レンカルナシオンとともに

 
 
 
 
 

(1599年~1672年)

 
 
 
 

 
 

神さまの働きが強まると、

過ぎ去ったことは、

どんなに聖に見えても、

現存することへの

ただの準備にすぎなくなります。

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

自分が本当に

あまりにも無知であることを

見ていましたので、

自分にわずかながらも

理があると思っても、

それはただ自分を黙させることに

役立つだけでした。

 

(聖マリー・ド・レンカルナシオンのことばより)

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。