a_本部修道院, メッセージ, 信仰生活, 召命, 宣教, 聖ウルスラ修道会, 聖マリー・ド・レンカルナシオン

聖マリー・ド・レンカルナシオンのことば(101)

 
 
 
 

 

聖マリー・ド・レンカルナシオンとともに

 
 
 
 
 

(1599年~1672年)

 
 
 
 

 
 

わたしはフランス語で

詩編を読んでいました。

そして、詩編を書き取らせたのが

神の霊であるということを

聞き知っていました。

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

日常生活の中で

度々詩編を思い起こし、

詩編について考え、

詩編を祈っていました。

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

神の霊に言われたことは

すべて真実であり、

誤り得ないのだと言うことを

信じていました。

 

(聖マリー・ド・レンカルナシオンのことばより)

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。