a_本部修道院, メッセージ, 信仰生活, 召命, 宣教, 聖ウルスラ修道会, 聖マリー・ド・レンカルナシオン

聖マリー・ド・レンカルナシオンのことば(24)

 
 
 
 

 

聖マリー・ド・レンカルナシオンとともに

 
 
 
 
 

(1599年~1672年)

 
 
 
 
 

わたしにとって労苦は快く、

非常に荷いやすいものですから、

「わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽い」

とおっしゃったことを体験しているのです。

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

外国語を大変苦労して習ったことは

損にはなりませんでした。

それは今はあまりに易しいので、

わたしたちの信仰の聖なる神秘について

教えることに少しも苦労しません。

 

(聖マリー・ド・レンカルナシオンのことばより)

 
 

 
 
 
 
 

 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です